一芸に秀でよ

一期一会

Alessandro Luppi(アレッサンドロルッピ) メリノウールハイゲージタートルネック レビュー

 

今年の冬はね、ニットも取り入れていこうと思っているんだ。

え? もちろん仕事着の話だよ。

 

 

Alessandro Luppiとは?(購入店引用)

 

「MADE IN ITALY」にこだわり続けるニット専業ブランド


イタリア中北部レッジョーロのニット専業ファクトリーMAGLIERIA SONIAの
オリジナルニットブランド「Alessandro Luppi(アレッサンドロルッピ)」。
従業員20人程度の小さなファクトリーで、職人の手仕事と機械を巧みに使い分けながら
メイド・イン・イタリーにこだわった高品質なニットウェアを作り出しています。

“アレッサンドロルッピなんて聞いたことがない”とおっしゃる方がほとんどだと思います。
それもそのはず、ブランドができてからまだ歴史が浅く、日本に代理店がない状態なので、
国内ではほとんど流通していません。今まで当店には、ジョンスメドレーやザノーネのような
ベーシックなニットウェアブランドがなかったため、それらの代わりとして扱いをはじめました。

 

 

グリーンに次いで好きかもしれない色、テラコッタ

f:id:natadecocoshi:20180924175835j:plain

 

上品な光沢があって美しいニットです。コスパよし。

f:id:natadecocoshi:20180924175741j:plain

 

タグ。ゼニアバルファのシリアルナンバー入りです。

f:id:natadecocoshi:20180924175626j:plain

f:id:natadecocoshi:20180924175629j:plain

 

着用。

 
 
 
View this post on Instagram

本日 #alessandroluppi #brooksbrothers #renoma #suit #necktie #tie #menswear #mensfashion #mensstyle #outfit #selfie

ナタデココさん(@the_natadecoco)がシェアした投稿 -

 

袖丈短め。48に替えてもらうか悩んだけど、袖丈同じだったのでやめときました。

とはいえ一応肩幅が1cm増えるので、多少変わるとは思いますが。

f:id:natadecocoshi:20181202115734j:plain

 腕時計に干渉しない・デスクワーク時に擦らないということで、個人的には好きな長さだけれど、縮みが起きてしまったら終わりですね。

 

着丈はこんな感じ。

腹肉をつまんでるんじゃなくて、ベルトの位置を示しています。

f:id:natadecocoshi:20181202120019j:plain

 

薄手なので、タックインもgood。厚手のシャツとそんなに変わらない印象です。

個人的にはこのスタイルが好きですね。

f:id:natadecocoshi:20181202120025j:plain

 

妙に袖丈が短いことを除けば、美しくお値打ちなニットだと思います。

ニットは着られるシーズンが短く、かつ傷みも早いため、安くて高品質であることって結構自分の中では大切なポイントだったりします。

薄手でスマートに着られるのも◎

もう寒くてできないけど、こんな感じの着方も格好いいんじゃないでしょうか。

 

 

スペック(購入店引用)

 

サイズ46

肩幅37 胸幅49 袖丈63 着丈64 首高15

 

 

 

 

スーツとともにあれ。

 

 

※正しさを保証しないうろ覚え掲載商品リスト

SUIT:renoma 50k

KNIT:Alessandro Luppi 14k

CHIEF:Brooks Brothers 5k

SHOES:MAGNANNI 17k / Santoni 55k

BELT:(ブランド不詳) 10k

BAG:PELLE MORBIDA 27k

WATCH:Orobianco 41k