一芸に秀でよ

一期一会

Santoni(サントーニ) サイドジップブーツ レビュー

 

祝! ブーツデビュー!

 

初サントーニでもあったりします。

ところでまずこちらをご覧頂きたい。

 

 

めちゃくちゃスマートで格好よくないですか、これ。

いつか買おうと目論んでいたのですが、知らぬ間に在庫なしに。

悲しみに暮れるナタデココ氏。

 

だがね、そういう時はだいたいヤフオクにいいご縁が転がっていると相場は決まってるんだ。

というわけでヤフオク購入55,000円(送料込)。くじのポイント20%バックで実質49,000円で買えました。

定価不明だけど、確実に半値以下ですね!

 

 

Santoni(サントーニ)とは?(クインクラシコさん引用)

 

イタリア靴のカリスマが作り出す完璧の"調和"。 1977年、イタリアのマルケ州にてアンドレア・サントーニ氏が設立。 サントーニの靴は、デザイン・製法・仕上げ・品質に至るまですべての工程において、徹底的なクオリティコントロールを行っています。 1足の靴に20人もの手を経ての作り込みと、その職人たちの手仕事を何よりも大切にし、その靴の木型・デザインによりイタリア伝統の様々な製法を使い分けるのが特徴です。 どの製法をとっても品質が落ちないという職人技は、安心感をもたらし、履く人を高貴な気分にさせてくれます。イタリアのシューズブランドの中では、歴史の浅い部類に入りますが、老舗ブランドに決して引けをと取らず、むしろ芸術品ともいえる製品は世界中から愛されています。

 

 

 

上に向かってシームレスでシボ革に変わっていくアッパーが非常にムーディ。

ここが購入の決め手になったポイントです。

ヒールカップはスムースレザー。

f:id:natadecocoshi:20180830172424j:plain

f:id:natadecocoshi:20180830172426j:plain

 

 

飾りのベルトはリアルクロコ。だそうです

質感的にも多分本当っぽい。

優しげなシボ革とのコントラストが大変よいアクセントになってます。

f:id:natadecocoshi:20180830172212j:plain

f:id:natadecocoshi:20180830172215j:plain

 

ファスナー周りはこんな感じ。

サイドゴアブーツはどうも劣化しそうで好きになれないワタクシ。

実際どうなんだろ?

f:id:natadecocoshi:20180830172255j:plain

f:id:natadecocoshi:20180830172242j:plain

 

サントーニといえばこのオレンジのソール。

爪先には釘が入ってます。

ま、ハーフラバーにしちゃうんだけどね

f:id:natadecocoshi:20180830172749j:plain

 

袋。例のごとくたぶん捨てる

f:id:natadecocoshi:20180830173227j:plain

ほんとは箱もあったんですが、梱包を解いた時にGの赤ちゃんが出てきまして。

箱で叩き潰して速捨ててしまったわけですね。

梱包時に紛れ込んだだけだと思いたい…!

 

着用。わざわざ真冬物を引っ張り出してきましたよっと。

冬の装いが大きく広がる気配を感じるぞ! いい買い物をした!

f:id:natadecocoshi:20180908105853j:plain

 

パンツの裾との干渉もほぼなくて、逆に意外でしたね。

よほどテーパードのきついものでなければ問題なく合わせられるかと思います。

f:id:natadecocoshi:20180908110116j:plain

 

スーツとともにあれ。

 

 

※正しさを保証しないうろ覚え掲載商品リスト

SUIT:renoma 50k

SHOES:Santoni 55k