一芸に秀でよ

一期一会

CALABRESE(カラブレーゼ) ペイズリーウールストール レビュー

 

年明け更新が少なかったのは力を溜めていたのさ。

モアセール、ガンガンいこうぜ

 

CALABRESEとは(購入店引用)

 

ラブレーゼはナポリにて1924年に創業。 創業者はエウジェニオ・カラブレーゼ。気品ある洒落者で有名だった彼は、とりわけ着目したのがネクタイであった。よりよい生地を使ったネクタイで、新たなスタイルを作りたいという彼の情熱が企業に至り、また2代目へと受け継がれ、その絶妙な配色と上質で肉厚なシルクによる柔らかな締め心地のネクタイは、ナポリからヨーロッパ、世界各地へ評判が及んでいった。

 

 

初めましてのブランドですね。

ワードローブにダークブラウンの巻物がなかったのと、絶妙に私好みの柄・配色だったのが決め手になりました。

f:id:natadecocoshi:20190208163958j:plain

 

結構ざっくりした風合い。

爪とか引っかけないように気を付けないと。

f:id:natadecocoshi:20190207163144j:plain

f:id:natadecocoshi:20190207163148j:plain

 

うら。

f:id:natadecocoshi:20190207163153j:plain

 

タグ。縁の処理も綺麗です。

f:id:natadecocoshi:20190207163157j:plain

f:id:natadecocoshi:20190207163201j:plain

f:id:natadecocoshi:20190207163206j:plain

 

着用。

やっぱりダークブラウンは外せないカラーですね。

マフラー・ストール類は意外と柄物も持っていないので重宝しそうです。

生地感的に結構長いシーズン使えそうなのも高ポイント。

 
 
 
View this post on Instagram

本日 #早く新しい携帯買え #calabrese #circolo1901 #pt01 #suit #necktie #tie #menswear #mensfashion #mensstyle #outfit #selfie

ナタデココさん(@the_natadecoco)がシェアした投稿 -

 

スペック(購入店引用)

 

ウール100%

イタリア製

幅 63 全長 188

 

 

スーツとともにあれ。

 

 

※正しさを保証しないうろ覚え掲載商品リスト

JACKET: CIRCOLO 1901 35k

SHIRT:CAMICIANISTA 6k

BOTTOMS:PT01 25k

STOLE:CALABRESE 24k→12k

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア) PELLE TESSUTA GRAN PREMIOビジネスカードケース レビュー

 

散財(セールと読む)の季節ですね。

今回は名刺入れ新調。

前から狙ってたんですが、さすがに名刺入れに5.6万はなあ……と尻込みしていました。

が、セールを機に突撃!(要するにいつものパターンです)

 

PELLE TESSUTAとは?(公式より引用)

 

Ermenegildo Zegnaのために特別に開発された革新的なレザーのファブリックです。極細の紐状にカットしたナッパレザーを、伝統的な機織りの手法を模倣して丹念に織り上げ、カシミアを思わせる柔らかさと軽さを持つ貴重なレザーのファブリックに仕上げています。この特殊な製造過程を用いて、Zegnaのテキスタイルの伝統をレザーの世界に広げました。

 

 

カシミアの部分は全く意味がわからないけれど、普通のイントレチャートとは違うよ!ってことやね(雑)

世界一有名と言っても過言ではないファブリックブランドが、レザーで生地を作ってみたってシリーズですね。

そんじゃあ見ていきましょう。

 

大変わかりにくいですが、黒茶紺のトリコロールです。

公式では黒/ビクーナ/青という表記。

f:id:natadecocoshi:20190113173121j:plain

f:id:natadecocoshi:20190113173159j:plain

 

端正に織られたレザーの表情にうっとりです。

手触りもめっちゃいい。

エイジングが楽しみすぎるゥ!!

f:id:natadecocoshi:20190113173216j:plain

 

ポケットはこんな感じ。

f:id:natadecocoshi:20190113172857j:plain

f:id:natadecocoshi:20190113172907j:plain

 

まずありえないですが、マチをフルに使うとかなりの収容力があります。

f:id:natadecocoshi:20190113172836j:plain

 

一番外側のコバは革巻きになっています。

ゴムで処理されているものと違って、経年でボロボロにならないのがいいね。

f:id:natadecocoshi:20190113174349j:plain

 

箱とか。

f:id:natadecocoshi:20190113175642j:plain

f:id:natadecocoshi:20190113175646j:plain

f:id:natadecocoshi:20190113175649j:plain

 

ちなみに今まで使ってたのはこれ。

f:id:natadecocoshi:20190113172609j:plain

ナタデココ氏は幼い頃から類稀なる物持ちのよさを発揮してしまう性質でして、革小物なんかはその気になれば軽~く10年とか使えてしまうんですよね。

財布はたぶん10年突破してる。

しかしそれなりの年数が経過すればやはり好みや立場も変わるもの。

 

f:id:natadecocoshi:20190113172628j:plain

地図の内張りがすごく気に入ってるんですが、トータルコーディネートの観点から今回新調に至りました。

名刺入れは特に人の目に付くものだしね。

 

見てくださいこのオーラ。

またひとつ理想の紳士に近づけた気がしませんか。

f:id:natadecocoshi:20190113174424j:plain

 

スーツとともにあれ。

 

 

※正しさを保証しないうろ覚え掲載商品リスト

CARD CASE:Ermenegildo Zegna 40k

WATCH:CITIZEN 864k

BOTTOMS:PT01 25k

Saddler's(サドラーズ) スエードメッシュベルト レビュー

 

ここのところメッシュベルトが気になるんですね。

特に前から気がかりなブランドだったサドラーズ。

楽天のセールに釣られ購入(ちょろい)。

 

Saddler'sとは?(粋な着こなしさん引用)

 

デザイン、クオリティ、ハイコスパ、三拍子が揃った要注目ベルトブランド


イタリア・フィデンツァのベルト専業メーカーが手掛ける『Saddler’s(サドラーズ)』。
多くのベルトメーカーが凌ぎを削るイタリアにあって近年急成長している注目ブランドです。
ヨーロッパの一流ブランドのOEMを手掛ける中で培われてきたデザイン力、マーケットニーズに
柔軟かつ迅速に対応できる生産体制、群を抜くコストパフォーマンスの高さが評価されています。
イタリアはもとよりヨーロッパ各国、日本やアメリカの有名セレクトショップでも扱われています。

厳選された上質素材、イタリアの職人技術、加えて、すべての職人が夕方には帰宅するという
スローな流れの中で作り出されるレザーベルトは、「MADE IN ITALY」の精神を宿す
クラフトマンシップ溢れる仕上がりで、長く使うことの喜びを感じさせてくれます。

 

 

今回は怪しげなスーツに合わせるようなものを探していたので、コテコテのを買いました。

たまにはこういうのもいいよね。リボルバー・オセロットって感じ。

f:id:natadecocoshi:20181217143735j:plain

f:id:natadecocoshi:20181217143738j:plain

 

剣先。

革は毛羽立ち強めのラギットな印象。それが2cm幅の細さによって中和されている面白いデザイン。

f:id:natadecocoshi:20181217143741j:plain

 

剣先裏。

f:id:natadecocoshi:20181217143745j:plain

 

タグ。

f:id:natadecocoshi:20181217143850j:plain

f:id:natadecocoshi:20181217143853j:plain

 

着用。

汎用性の対極に位置するようなベルトですが、素材感の強いスーツやパンツによく合います。

ただスエードなので、パンツ側も起毛だとそれはもう猛烈な摩擦力を発揮しますので着脱は少し手間。

f:id:natadecocoshi:20181217145420j:plain

 

短い方のサイズが在庫切れだったためお直しで詰めるつもりで買いましたが、意外とこのままでもいいかも。

個人的にはこれくらいカジュアルなベルトって少し長めなのを垂らすのが流儀って感じがするので。

f:id:natadecocoshi:20181217145551j:plain

 

あとねえ、ドーナツみたいなパッケージに入っててかわいいんですよ。

f:id:natadecocoshi:20181217150238j:plain

これからのシーズン、プレゼントにもおすすめです。

お値段的もお手頃だし。

ファッション感度があまり高くない人だと(あるいは高い人でも)、ベルトって優先度が低いと思うんですよね。どうしても。

 

この辺りも格好ええ。欲しい。

[rakuten:viajero1984:10019122:detail]

 

スペック(購入店引用)

 

イタリア製

サイズ95/110

全長110 幅2

 

 

スーツとともにあれ。

 

 

※正しさを保証しないうろ覚え掲載商品リスト

SUIT:THE GIGI 80k

SHIRT:ALEXANDER JULIAN 6k

BELT:Saddler's 8k

PT01(ピーティーゼロウーノ) ウールコットンパンツ レビュー

 

どうも、PT01はいいぞおじさんです。

いいんだけれど、高い。そう高い。

気軽に欲・即・買のコンボを繰り出せないくらいにはね。

というわけでヤフオクなんかは結構チェック入れてたりします。

今回は約半値の金24,873円也(送料込)。 

 

「アンタ、グレーのスーツ持ってるやろ? もういらんでしょ」

なんてお母さんみたいなこと思う方もいることでしょう。

まぁまぁお待ちなさいな。

やはり元々揃いのものをばらして使うのはあまりよろしくないんですよ。

スーツはスーツ、ジャケットはジャケット、パンツはパンツ。それが基本。

うん。言い訳完了。

 

見ていきます。

わかりにくいけどブラウングレーって感じの色味。

f:id:natadecocoshi:20181206140809j:plain

 

写真だとまるでわからないけど、ウォッチポケット付き。

 

f:id:natadecocoshi:20181206141536j:plain

 

プレッピーフィットという型です。

ノープリーツで結構細めのシルエット。15~16AW頃のものだろうか。

細身全盛の反動でゆるゆるのパンツが増えていますので、ネットで買う時はウエストだけでなくワタリなどのサイズチェックはしておいた方がよいです。

f:id:natadecocoshi:20181206140426j:plain

f:id:natadecocoshi:20181206140441j:plain

 

今回裾は珍しくダブル3.5。長さが足りなかった。

でもシングルって感じでもないんだよなあ。

ノープリーツ細身で細めのダブル幅ってのも、軽快な感じがしてまあたまにはいいんじゃない?

f:id:natadecocoshi:20181214144751j:plain

 

ボタンは樹脂。

f:id:natadecocoshi:20181206141429j:plain

 

ヒップポケットはボタンなし。

f:id:natadecocoshi:20181206135740j:plain

 

タグ。ウールコットン半々だね。

f:id:natadecocoshi:20181206135656j:plain

f:id:natadecocoshi:20181206135653j:plain

f:id:natadecocoshi:20181206142620j:plain

 

着用。

茶色みがかっているのがわかりますかしら。

本来の色味に近い写真が撮れました。さすが自然光。

f:id:natadecocoshi:20181214144703j:plain

やはりパンツの汎用性においてグレーに勝る色はない。

合わないジャケットってライトグレーくらいじゃないかな。

 

スペック(購入店引用)

 

ルーマニア

ウール47%/コットン47%/ポリアミド4%/エスラティン2%


サイズ46

PREPPY FIT


エスト:82m
股上:24cm
股下:93cm
渡り幅:28cm
裾幅:16cm

 

 

オレ、コレ、ホシイ

ボルドーの方。

 

 

スーツとともにあれ。

 

 

※正しさを保証しないうろ覚え掲載商品リスト

SUIT:(ブランド不詳) 20k

TIE:SUIT SELECT 4k

BOTTOMS:PT01 25k

SHOES:Santoni 55k

Alessandro Luppi(アレッサンドロルッピ) メリノウールハイゲージタートルネック レビュー

 

今年の冬はね、ニットも取り入れていこうと思っているんだ。

え? もちろん仕事着の話だよ。

 

 

Alessandro Luppiとは?(購入店引用)

 

「MADE IN ITALY」にこだわり続けるニット専業ブランド


イタリア中北部レッジョーロのニット専業ファクトリーMAGLIERIA SONIAの
オリジナルニットブランド「Alessandro Luppi(アレッサンドロルッピ)」。
従業員20人程度の小さなファクトリーで、職人の手仕事と機械を巧みに使い分けながら
メイド・イン・イタリーにこだわった高品質なニットウェアを作り出しています。

“アレッサンドロルッピなんて聞いたことがない”とおっしゃる方がほとんどだと思います。
それもそのはず、ブランドができてからまだ歴史が浅く、日本に代理店がない状態なので、
国内ではほとんど流通していません。今まで当店には、ジョンスメドレーやザノーネのような
ベーシックなニットウェアブランドがなかったため、それらの代わりとして扱いをはじめました。

 

 

グリーンに次いで好きかもしれない色、テラコッタ

f:id:natadecocoshi:20180924175835j:plain

 

上品な光沢があって美しいニットです。コスパよし。

f:id:natadecocoshi:20180924175741j:plain

 

タグ。ゼニアバルファのシリアルナンバー入りです。

f:id:natadecocoshi:20180924175626j:plain

f:id:natadecocoshi:20180924175629j:plain

 

着用。

 
 
 
View this post on Instagram

本日 #alessandroluppi #brooksbrothers #renoma #suit #necktie #tie #menswear #mensfashion #mensstyle #outfit #selfie

ナタデココさん(@the_natadecoco)がシェアした投稿 -

 

袖丈短め。48に替えてもらうか悩んだけど、袖丈同じだったのでやめときました。

とはいえ一応肩幅が1cm増えるので、多少変わるとは思いますが。

f:id:natadecocoshi:20181202115734j:plain

 腕時計に干渉しない・デスクワーク時に擦らないということで、個人的には好きな長さだけれど、縮みが起きてしまったら終わりですね。

 

着丈はこんな感じ。

腹肉をつまんでるんじゃなくて、ベルトの位置を示しています。

f:id:natadecocoshi:20181202120019j:plain

 

薄手なので、タックインもgood。厚手のシャツとそんなに変わらない印象です。

個人的にはこのスタイルが好きですね。

f:id:natadecocoshi:20181202120025j:plain

 

妙に袖丈が短いことを除けば、美しくお値打ちなニットだと思います。

ニットは着られるシーズンが短く、かつ傷みも早いため、安くて高品質であることって結構自分の中では大切なポイントだったりします。

薄手でスマートに着られるのも◎

もう寒くてできないけど、こんな感じの着方も格好いいんじゃないでしょうか。

 

 

スペック(購入店引用)

 

サイズ46

肩幅37 胸幅49 袖丈63 着丈64 首高15

 

 

 

 

スーツとともにあれ。

 

 

※正しさを保証しないうろ覚え掲載商品リスト

SUIT:renoma 50k

KNIT:Alessandro Luppi 14k

CHIEF:Brooks Brothers 5k

SHOES:MAGNANNI 17k / Santoni 55k

BELT:(ブランド不詳) 10k

BAG:PELLE MORBIDA 27k

WATCH:Orobianco 41k

BLACK LABEL CRESTBRIDGE(ブラックレーベル・クレストブリッジ) J∞QUALITY ターコイズシングルトレンチ レビュー

 

 

寒くなってきましたねえ。天晴。

さて今回は、トレンチコート新調です。長く使える作りのしっかりしたトレンチが欲しかったのだ。

オーダーも考えたのですが、今回はドストライクのものを見つけたので既成でいきます。この色味はねえ、たまらんよねえ。

ダブルのベージュとも悩んだのですが、それは他ブランドでいくらでも出てるからね。

 

 

J∞QUALITYとは?(購入店引用)

 

J∞QUALITYとは日本ファッション産業協議会が、製品の「整理・染色・織り・縫製」の各工程を日本国内の工場で行い、特別な付加価値のある商品に対して認定を与えたものです。
「J∞QUALITY」の下げ札がALL MADE IN JAPAN を証明する価値のあるトレンチコートです。

 

 

だそうです。

私は洋かぶれなので、日本製への信仰は薄かったりするのですが、細かいところまで手を抜かずに作られていて好印象でした。

100年コートの三陽商会さんということもあり、品質に関して不安はなかったですね。

ディテールしっかり見ていきましょう。

 

生地感はガッシリめのコットン。重さも結構ありますね。

真冬対応というか、どちらかというと秋も着られるかな、という印象。

春はきついかも。

f:id:natadecocoshi:20181126161849j:plain

f:id:natadecocoshi:20181126161852j:plain

光の加減でソラーロ的魅力を放つ生地で、購入の決め手になったポイントですね。

素で撥水性があります。

 

メタルボタン。

各所のボタンはイミテーションではなく、全て着脱可能になってます。

f:id:natadecocoshi:20181126152438j:plain

f:id:natadecocoshi:20181126152442j:plain

 

ガンフラップやストームシールド等、トレンチの伝統的要素は一通り押さえたデザインになってます。 

f:id:natadecocoshi:20181126152905j:plain

 

ベルトがまた凝った作りになっていて。

左右に動きすぎないように、腰で止まるようになっています。

f:id:natadecocoshi:20181126152319j:plain

f:id:natadecocoshi:20181126152325j:plain

 

バックル類はちゃんと革巻きです。 

もちろん着脱可能。

f:id:natadecocoshi:20181126153231j:plain

f:id:natadecocoshi:20181126153235j:plain 

バーバリーを意識したチェック柄の裏地。

クレストブリッジのアイコンですね。

f:id:natadecocoshi:20181126162023j:plain

 

内ポケットは左のみ。

ジャケットと違い、入れても携帯くらいなので問題ないでしょう。

f:id:natadecocoshi:20181126162032j:plain

 

力ボタン。

f:id:natadecocoshi:20181126162038j:plain

 

タグ。

定価税抜き金86,000円也。いいお値段します。

さすがにもう少し安く買ってるけどね。

f:id:natadecocoshi:20181126152236j:plain

f:id:natadecocoshi:20181126152240j:plain

 

f:id:natadecocoshi:20181126161656j:plain

f:id:natadecocoshi:20181126161701j:plain

 

着用。

ベルテッドコートは最近のワードローブになかったので、いい感じ。

タイやマフラーで色を拾ってやるとまとまりが出て格好いいと思います。

青みの緑なので、茶より紺のスーツの方が断然合います。

BEAMS高田さんはこの結びをナポリ結びと呼んでましたね。

私はほとんどこのスタイルです。

なお、近年お洒落界隈の人々がこぞってやる前ボタンをとめずにベルトを締めるアレは、マジでダサいと思う。

 

スペック……は今回ありません。

買ってすぐ記事を書き始めなかったせいで、商品ページが消えてしまいサイズ情報がわからなくなってしまいました。無能

とりあえずサイズはLです。46の人はこのサイズでいいと思います。

 

マフラーにグローブ、そしてコートとたくさん散財しましたね。

ばちこり冬の装いを楽しんでいきましょう。

総額いくらかかっているかは計算しちゃダメだぞ

 

スーツとともにあれ。

 

 

※正しさを保証しないうろ覚え掲載商品リスト

SHIRT:ALEXANDER JULIAN 6k

TIE:renoma 8k

COART:BLACK LABEL CRESTBRIDGE 64k

SHOES:Santoni 55k

MEROLA(メローラ) イントレチャートグローブ

 

冬の準備はいいか?

オレはできてる。

 

MEROLAとは?(購入店引用)

 

欧州のロイヤルファミリーや日本の皇室、ブリオーニ、キトン、テストーニなどのラグジュアリーブランドや多くのハリウッドスターも顧客に名を連ねる1885年イタリア・ナポリ創業の老舗グローブブランドMEROLA(メローラ)のグローブです。
手にしっとりと馴染む最高級ラムナッパ(羊革イントレチャート)素材にカシミヤ100%の裏地を使用、熟練の職人により縫製されたこだわりの逸品です。

 

 

メローラのグローブはこれで4つめですね。

なかなかのファンだと言ってもよさそうだ。

使用頻度の高くなるダークブラウン。意外と後回しになってしまいました。

妥協なく、決定版と言えるものを選びたかった。

f:id:natadecocoshi:20181115163712j:plain

f:id:natadecocoshi:20181115163716j:plain

 

カシミアライナー。

f:id:natadecocoshi:20181115163720j:plain

f:id:natadecocoshi:20181115163724j:plain

f:id:natadecocoshi:20181115163727j:plain

 

タグ。

f:id:natadecocoshi:20181115163730j:plain

f:id:natadecocoshi:20181115163734j:plain

 

パッケージ。

f:id:natadecocoshi:20181115163737j:plain

 

着用。

サイズ8でジャストサイズです。

いやー、経年変化がめちゃくちゃ楽しみだなこれ。

f:id:natadecocoshi:20181115163745j:plain

f:id:natadecocoshi:20181115163741j:plain

もっと寒くなるのが楽しみになるグローブです。おすすめ。

あとはデンツの黒グローブを手に入れれば、あらゆるコーディネートに対応できることでしょう(まだ買うのかよ)。

物欲に終わりはない

 

スペック(購入店引用)

 

イタリア製

素材:ラムナッパ(羊革)イントレチャート(編込) 裏地:カシミヤ100%

 

サイズ8

全長24cm 甲周り20cm

 

 

スーツとともにあれ。